Office ログ

PC でよく使うソフト、Microsoft Office のWord、Excelなどの情報を記録しました。

Officeの導入ならやはり永続ライセンスのOffice 2019を選ぶべき理由!

Microsoft Office の最新バージョンと言えば永続ライセンスのOffice 2019。そのメリットを常に最新バージョンのOfficeを使えるOffice 365 Solo 比較してみました。

Office 2019がお得な理由は?

Office 2019がお得な理由は?

 

永続ライセンスのMicrosoft Office 2019とサブスクリプション版のOffice 365 Soloでは、どの形態のOffice製品もWord、Excelなど基本的なOfficeツールを利用できますが一体何が違うのでしょうか?

今回は、Office 2019とOffice 365 Soloの違いを機能と価格面で比較しながら紹介していきます。

 

Office 2019とOffice 365 Solo

Office 2019とOffice 365 Solo

 

Office 2019は永続ライセンスであり、従来のパッケージ版Officeと同様に一度購入してしまえば追加費用は発生しません。購入後は延長サポートが切れるまで使えます。それに対し、Office 365 Soloは、1ヶ月または1年間の契約制で、契約期間中だけ利用できるサブスクリプション型ライセンスとなっています。

 

Office アプリ

Office アプリ

 

永続ライセンスのOffice 2019は、Word, Excel, PowerPointといった、基本的なOfficeアプリケーションを使えます。一方Office 365 Soloですが、Officeアプリケーションのうえ、メール・スケジュール、ファイル共有、ビジネスチャットやweb会議といったグループウェア的な機能を利用できます。

 

Windows PC、Mac、iOS、Android

Windows PC、MaciOSAndroid

 

Office 2019のWindows向け製品はWindows 10のみ対応します。Mac向け製品はmacOSの最新3バージョンに対応します。それぞれ最大2台までインストールできます。 一方Office 365 Soloですが、 WindowsMacをはじめ、タブレットスマートフォンへのインストールもそれぞれ5台まで可能です。Office 2019と根本的に違うのは、マルチデバイスでも良いこと。

Office 2019は最新版Officeを無料で使えません。 これに対し、Office 365 Soloは、Officeの新製品が出た時に新たな購入費用が発生しません。今まで通。月払いか年払いで同じライセンス料金を支払えば良いだけ。

これで、複数のデバイスでOfficeを使いたい。 1TBのクラウドストレージが必要。 常に最新版Officeを使いたい方にとっては、Office 365 Soloは最適です。

しかし、Office 365 Soloを年額払いで長年利用すると、値段めちゃくちゃ高くなってしまいます。Office 365 Soloは1年1万2744円で、三年目で38,232円となり、Office 2019の価格を上回ります。

さらに、Office 2019のメインストリームサポート期限は約5年間、延長サポート期限が約2年とされています。7年間同じパッケージ版を使い続ける場合、トータルコストではOffice 2019の方が安くなることがわかります。

Office価格

Office価格

 

そして、どうせWindows 10だけOfficeを使うし、Office 2019バージョンのまま使いたいならOffice 2019 がおすすめだ。

それは、使い慣れたから、ずっと元のバージョンでいい、AccessやPublisherも使わないし、仕事でも家でもWindows 10しか使わない方々も多くいるでしょう。

または、機能面でOffice 365 Soloが優れていますが値段的に考えて、長年使うユーザーにとっては、やっぱりパッケージ版のOffice 2019を選ぶでしょう!

Mac Office のライセンス認証方法とエラー対処法

前回の記事ではMac Officeを入手する方法について紹介しました。今回は、Office for Mac を認証する方法を紹介します。Office for Mac のライセンス認証方法を分からないという方は参考にしてください。

Mac office

Mac office

 

Office for Mac のライセンス認証方法

Macを新しく購入した場合、Officeの使い方に困っていませんか?

Mac製品にOfficeを付けて販売していませんので、Office for Macを別に購入する必要があります。Macで使えるOfficeは、Office 365 または Office 2019 と色々あります。

Mac対応Officeの購入方法については以下の記事を参考してください。

nburi.hatenablog.com

Office for Macを購入すると、ライセンス認証をしないとWordやExcelも使用できないため早めに認証をすることをおすすめします。そんなに難しいことではありませんのでMacでOffice をインストールしたらすぐにライセンス認証を行いましょう。

www.office.com にアクセスし、Office for Mac をダウンロードするとWordでもExcelでもOfficeアプリを開いたときに開くはずです。

Office for Mac のライセンス認証では、Office for Mac のダウンロードとインストールという2つの手順がありますので、順に確認していきます。

Office をMac にダウンロードしてインストールする

www.office.com にアクセスし、マイクロソフトアカウントでサインインします。次に、Office のホームページで Office をインストールするを選択し、ダウンロードを開始します。

ダウンロードが完了したら検索を開き、[ダウンロード] に移動して Microsoft_Office_2016_Installer.pkg をダブルクリックします 。最初のインストール画面で、[続行する] を選んで、インストール プロセスを開始します。

続いて、そのまま指示に従い、特に問題が起きなければプロセスを完了できれば終了です。

Office for Mac のインストールが失敗した場合は、後述の「Office for Mac のインストールやライセンス認証エラーの対処法」を参考にエラーを解消してください。

Office for Mac のライセンス認証方法

Macで [ Finder ]、[アプリケーション] の順に選び、Microsoft Office アプリまで下にスクロールします。Word、Excelなど、任意の Office アプリを開き、[新規作成] ボックスで [開始] をクリックします。

[サインインして Office のライセンス認証を行う] 画面で、[サインイン] を選びます。

Office for Mac に関連付けられたメール アドレスを入力し、[次へ] をクリックします。別のメールアドレス間違って入れないようにしてください。パスワードを入力してサインインします。

有効なライセンスを所有しているかどうかがチェックされ、製品のライセンス認証が行われます。これで完了です。アプリの使用を開始するには、[Word の使用を開始する] をクリックします。

もしライセンス認証が失敗した場合は、後述の「Office for Mac のインストールやライセンス認証エラーの対処法」を参考にエラーを解消してください。

Office for Mac を別のMacに移動・再インストールしたい場合

Office for Mac をインストールしたMacを買い替えやインストールしたMacを廃棄する場合、Officeのライセンスを移行し、継続して使用することができます。ところでOffice for Macの永続ライセンスはMac版2台までインストールが可能です。

Office 365の場合は、最大5台のMacで利用できることが可能です。

以下の手順はOffice for Mac の永続ライセンスを既に2台にインストールしている場合、元のMacからOfficeを完全にアンインストールして、別のMacにインストールする手順となります。

もし3台目にインストールしたい場合はOffice 365を使うか新しくOfficeを購入することになります。Office 365の場合は5台以上のMacにインストールして同時利用するとき移行します。

Office for Mac を再インストールまたは移行する方法

Office for Mac を再インストール・移行したい場合、インストールしたときに登録したMicrosoftのアカウントが必要になります。

まずはインストールされたMacからOfficeをアンインストールします。

アンインストールは[Finder]、[アプリケーション] を開きます。Command キー コマンド を押しながらクリックして、すべての Office for Mac アプリケーションを選びます。 Ctrl キーを押しながら、選んだアプリケーションをクリックして、[ごみ箱に入れる] をクリックします。

次に新しいMacMicrosoftのサイトにアクセスしてサインインします。

最後に新しいMacでライセンス認証を行ないます。

ライセンス認証の手順は前セクション「Office for Mac のライセンス認証方法」と同じです。

Office for Mac のインストールやライセンス認証エラーの対処法

たまに、ライセンス認証で失敗することがあります。原因は色々ありますがこちら以下のいくつのエラーと解決方法を紹介します。

エラーが発生しても焦らず、解決の手段を探しましょう。 まず全てのOfficeアプリを閉じてから、以下の方法を実行してください。

適切な Microsoft アカウント を使用する

「ライセンスが見つからない」 というエラーが表示される場合は、Microsoftのアカウントが正しいかを確認しましょう。

マイクロソフトアカウントはメールアドレスで登録しているかと思いますが、実際は別のメールアドレスかもしれません。アカウントがOffice for Macに紐づいているかは、「サービスとサブスクリプション」にアクセスして確認してください。

「サービスとサブスクリプション」ではそのアカウントで購入したOffice for Mac製品の一覧が表示されますが、何も表示されていない場合はアカウントが間違っていると思われます。 別の適切な Microsoft アカウントで再度サインインしてみてください。

複数のライセンスを所有している

複数のライセンスを所有しており、誤ったライセンスを使用してインストールした場合、または Office for Mac の 1 回限りのインストールを完了した後に Office 365 を購入する場合、Office 365 のすべての利点を入手するには、ご使用の Office スイート製品に添付されたライセンスを削除し、ライセンスの再認証を行う必要があります。

2台以上インストールした場合

"インストール制限に達しました アカウント < メール アドレス > は、Office のライセンス認証が可能なコンピューター数の上限に既に達しています。アカウントのページに移動して設定を管理し、ここに戻ってアクティブ化をもう一度お試しください。" というエラーが発生した場合、2台のMacからどれかをアンインストールしてください。

まとめ

以上、Office for Macをインストールしてライセンス認証する方法について紹介しました。

Office for Macはインターネット上からダウンロードするクイック実行形式しか提供されず、オンラインで購入製品を管理するため、Microsoftのアカウントの重要性が増しました。 これはインターネットを接続して機能更新をするサブスクリプション型のOffice 365を薦めるMicrosoftの姿勢をよく表しています。

つまりこれからのOffice for Mac製品はオンラインでないと、インストールもできないということです。インターネットが整っていない環境には厳しい提供方法ですね。 そのため購入情報とライセンスが紐づくアカウントはとても大切です。 忘れてしまうと再インストールもできないので、アカウントはしっかり管理しましょう。

Mac用Microsoft Office(Word Excel PowerPoint Outlook)を入手方法

Mac 用 Office では、 Word、ExcelPowerPointOutlook を表示、作成、編集することができます。Access、PublisherはMacで使えません。ここではMac対応したMicrosoft Officeを入手する方法を紹介します。

Mac office

Mac office

 

Office for Mac のライセンス

Mac対応Officeには永続ライセンス、サブスクリプションの2つのライセンス形態があります。

ライセンス形態
  永続ライセンス サブスクリプション
インストール可能Mac台数 最大2台 無制限/同時使用5台
使用期限 永久 1年
バージョン 固定 常に最新
新機能 なし あり
製品名 Office✕✕✕✕ Office 365
課金方法 一回払い 月額または年額払い

現在、Mac向けOfficeの永続ライセンスの最新バージョンはOffice for mac 2019です。

Office for mac 2019は永続ライセンスであるため、1度料金を払ってしまえばその製品を買い切ることができ、サポート終了まで使用し続けられるというものです。

それに対して、サブスクリプションは年間、あるいは月間で料金を払うことで製品を使用できるというものです。

Mac で使えるMicrosoft Office の種類

Mac

Mac

 

Macを業務で長期間利用している方が多いでしょう。さらに、MacWindowsでよく使うWordやExcelなどのMicrosoftが提供するOffice製品の操作方法が統一されたため、Mac上でOffice製品を使う方が多いでしょう。

しかし、 MacMicrosoft Officeを使うには、Mac専用の Officeを購入するかOffice 365を購入する必要があります。すべてのMicrosoft OfficeMacで使えることではありません。

現在、市販されているMac対応Officeは、Office 365、Microsoft Office Home & Student for mac 2019と Microsoft Office Home & Business for mac 2019の3種類です。

Mac 対応Office製品比較

Macで使えるMicrosoft Officeは3種類ありますがそれぞれの機能と価格が違います。こちら、それらの機能と価格を比較してみましょう。

Macに対応Office製品
  Office 365 Solo Home & Business 2019 Home & Student 2019
Word
Excel
PowerPoint
 Outlook
Access
Publisher
対応OS Windows/mac/Android Windows/mac mac
使用年数 1年 永年 永年
インストール台数 無制限/同時使用5台 2台 2台

Office 365 Soloは、Access、Publisherを利用できますがMacで対応しません。Windows PCの場合使えます。

Office for Mac 2019の特徴

Office for Mac 2019とはMac向けマイクロソフトOfficeの永続ライセンスの最新バージョンです。

対応macOS

Office for mac 2019はmacOSの最新3バージョンがサポートされます。

現在の対応macOSは以下の通りです。

対応macOS
macOSバージョン  
macOS 10.12 Sierra 対応
macOS 10.13 High Sierra 対応
macOS 10.14 Mojave 対応

いつかmacOS 10.15が登場するとmacOS 10.12 Sierraが対応しなくなります。

インストール方法

Click-to-Runでのみ提供され、MSIインストーラは提供されません。

つまり、ネットからダウンロードしながらインストールします。マイクロソフトアカウントが必要です。ライセンス認証もオンラインで行います。

Macのみ対応。

Office for mac 2019永続ライセンスではiOSAndroidもサポートされません。iOSAndroidでOfficeを使うならサブスクリプションのOffice 365です。

Macで使えるOfficeアプリ

記事の先頭に書いたように、Macで使えるOfficeアプリは、Word、ExcelPowerPointOutlookです。

Word

Word

Word

Word アプリは文書作成ソフトウェア。ファイルの作成、編集、表示、他のユーザーとのファイルの共有を、すばやく簡単に行うことができます。

2台までMacで利用可能。

Excel

Excel

Excel

Excel表計算ソフトです。文字や数字や計算式などのデータを入力して表やグラフを作成するには欠かせないソフトです。

PowerPoint

PowerPoint

PowerPoint

PowerPoint はプレゼンテーション ソフトウェア。会議、業界の講演、ビジネスの提案に最適なソフトです。

Outlook

Outlook

Outlook

Outlookは、マイクロソフトから提供するメールソフト。 家庭または一般法人向け Microsoft Outlook の最新バージョンでメール、予定表、連絡先を 1 つの場所にまとめて、いつでもどこでもスケジュールを管理できます。

Mac Office 2019の購入方法

Mac Office 2019永続ライセンスを購入できるプランとして、Office Home and Student 2019 for MacやOffice Home and Business 2019の2種類あります。

Office Home and Student 2019 for Macの購入

Office Home and Student 2019 for Macは、Macでも使えるOfficeの中で一番安い製品です。価格は25,704円。フル機能のWord、ExcelPowerPointをインストールすることができます。

家庭向けライセンスであり、マイクロソフトOfficeの基本アプリWord、ExcelPowerPointを備わっているため、個人や家庭で使う方にお勧めです。

Office Home and Student 2019 for Macでは、Outlookが含まれません。

Office Home and Business 2019

Office Home and Business 2019の価格は37,584円でMacまたはWindows 10 PC両方にインストールできる製品です。使うマシンによりますが、2台のMacでもインストール可能です。

Office Home and Business 2019は家庭でも利用ができるほか、法人としての利用も可能です。家庭で使用したい方、法人で使用したい方も参考にしてください。

もちろん、Outlookも含まれている。

その他、Officeアプリ単体で購入可能

Office for mac 2019はセットで購入できるうえ、ExcelやWordなどを単体で購入することもできます。

Word 2019

2台までの Macで利用可能

価格は、税込み15,984円。

Excel 2019

2台までの Macで利用可能

価格は、税込み15,984円。

PowerPoint 2019

2台までの Macで利用可能

価格は、税込み15,984円。

Outlook

2台までの Macで利用可能

価格は、税込み15,984円。

Office for Mac 2019製品は、単体での購入も可能です。しかし、ひとつひとつの価格が高く、WordとExcelを単体でそれぞれ購入した時の合計価格は「31,968円」と場合によっては割高くなるでしょう。

安く購入したいのであれば、単体での購入は避けた方が良いでしょう。

Office365 Soloがおすすめな方

Office365 Soloは、サブスクリプション版で年額12,744円、月額1,274円で使える製品です。

毎年、料金が発生することは高いイメージがありますが機能面では永続ライセンスより優れています。

常に最新のOffice、1 TBのOneDrive、iOSAndroidなど複数のデバイスでOfficeを使う方にお勧めです。

最後に

今回は、Mac で使うOfficeを入手する方法についてを紹介しました。Mac Officeは、自分にとって安くお得に購入できる製品が個人によって異なります。

特に、Mac Office製品の内容をきちんとわかれば、どの製品が自分にとって都合がよく、お得になるのかをしっかりと比較できると思います。

Office 2019はどこで買える?ネットで購入する方法・値段を安くする方法まとめ

マイクロソフトのOffice 2019を利用するときに迷うのは「正規品のOffice 2019はどこで安く買えるの?」ではないでしょうか。

Office 2019は、家電量販店やコンビニ、マイクロソフト公式サイトのストアなどで購入できますよ。

Amazonを使っている方は、Amazonで通常より安く購入することもできるので、最も便利な方法で購入してくださいね。

このページでは、Office 2019を購入する方法と、Office 2019を安く買う方法を紹介します。

Office 購入方法

Office 購入方法

 

Office 2019の種類・価格

Office 2019 種類、価格

Office 2019 種類、価格

まずはOffice 2019について簡単に説明しますね。

Office 2019の種類と値段は以下のとおりです。

  • Office Personal 2019:32,184円
  • Office Home & Business 2019:37,584円
  • Office Professional 2019:64,584円
  • Office Home & Student 2019 for Mac:25,704円

 

公式サイトで購入できるOffice 2019の種類は4つあり、値段は、Word 2019、Excel 2019、Outlook 2019を含まれるOffice Personal 2019が32,184円でWindows 10 PC 2台でインストールできます。37,584円でPowerPointも付いているOffice Home & Business 2019は、2台のWindows 10 PCまたはMacでインストールできます。

Office Professional 2019は、すべてのOffice アプリを2台のWindows 10 PCにインストールできるため、64,584円と一番高くなっています。

一方、25,704円となっている一番安いのOffice Home & Student 2019 for Macは、Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019を2台のMacでインストールできる製品です。

Office 2019のダウンロード版を公式サイトから購入するにかかるコストは、製品の価格のみ、送料無料です。

Office 2019を購入できる場所

さて、それでは本題に入っていきましょう。

Office 2019が買える場所は、以下のとおりです。

  • 量販店
  • オンライン ストア
  • Microsoft Store
  • コンビニ

 

上記のように購入場所はたくさんありますが、オンライン ストアが最も手っ取り早いと思います。

Office 2019を安く買う方法

さて、Office 2019を購入するときは、それにかかるコストが気になりますよね。

というわけで、Office 2019のコストについても気になるところだと思います。

Microsoft Store 、量販店、コンビニ等で安く買う方法はありませんが、オンライン ストアにはありますよ。

オンライン ストアで購入する

Office 2019は、オンライン ストアでプロタクトキーのみで売っています。

Office 2019を安く購入したい方は、オンライン ストアでプロタクトキーを買ったほうがお得ですよ。

Office 2019のインストール方法


最新版Office バージョンのOffice 2019 ソフトウェアをダウンロードする

上記 Youtube動画はOffice 2019のインストール方法です、参考してください。

Office 2019をインストールした大まかな流れは以下のとおりです。

  • マイクロソフトアカウントにサインイン
  • Office 2019のプロタクトキーを入力
  • マイクロソフトアカウントからOffice 2019のファイルをダウンロードする
  • インストールを開始する
  • インストール、認証が完了する

 

とても簡単ですね!

nburi.hatenablog.com

さいごに

Office 2019は、Microsoft Store 、量販店、コンビニ、オンライン ストア等で購入できます。

ぼくはオンライン ストアで購入していますよ。

安く購入したいなら、Office 2019をオンライン ストアで購入したのがいいと思います!

Microsoft Office 、無料と有料の違いは?

PC 作業でよく使うMicrosoft Office 。有料のMicrosoft Office は数万円もするのに、なんで無料のものがあるのか?今回は、無料、有料Microsoft Office の特徴などをご紹介します。

Microsoft Office

Microsoft Office

 

Microsoft Office Online はなぜ無料なのか?

Microsoft Office 有料版ソフトの宣伝のために無料ソフトを提供している、というものです。

Libre OfficeやOpenOfficeMicrosoft Officeと互換性が高くなり、無料でWordやExcelの代わりとして使えます。無料版は有料セキュリティソフトを買ってもらうための「入り口」の役割を果たしています。

Office Online は、無料のため、利用制限があります。マイクロソフトの全機能を使うために、有料版を購入することになります。

有料Microsoft Office との違いは?

機能が少ない

有料版の購入してもらうために、機能を制限した状態で「無料版」を提供しています。「Word」「Excel」「Outlook」「PowerPoint」などの基本機能を使えますが、マクロが使えないというような制限があります。

ネット環境が必要

Office Online はオンラインのみで使えます。ネット環境がないと使えません。

こうした理由から、Office Online はマイクロソフトの基本機能を使うしかありません。無料というのはメリットですが、デメリットもありますね。

有料Microsoft Office を使うには?

Microsoft Office のパッケージ製品を購入する

Microsoft Office のOffice 2016またはOffice 2019を購入します。永続ライセンスとして、Microsoft Office をパソコンで利用できます。

永続ライセンスのため、購入するときに数万円掛かります。

Office 365 サブスクリプション版を購入する

Microsoft Office の新しい利用形態です。常に最新のオフィスを利用できます。毎月または毎年の利用料金を払う必要があります。年間1万円くらいかかります。

最後に

Microsoft Office は無料版もありますが利用制限があります。マイクロソフトの全機能を使うには、有料版を購入する必要があります。

すぐわかる!Microsoft Office 2019 をインストールする方法

Microsoft Office 2019 のインストール方法を説明します。Microsoft Office 2019 をインストールするにはマイクロソフトアカウントとプロタクトキーが必要です。 以下でインストール手順を紹介します。

Microsoft Office 2019をインストールする方法

Microsoft Office 2019をインストールする方法

2018年12月2日の記事でMicrosoft Office 2019について説明しました。

nburi.hatenablog.com

今回、Microsoft Office 2019をインストールした手順をメモしました。インストール手順は以下の通りです。

 

 

Microsoft アカウントにサインインする

Microsoftアカウントにサインインしてみましょう。

手順①Microsoftアカウントにサインインする

下記リンクをクリックし、Microsoftアカウントにサインインします。

⇒「Microsoftアカウントへアクセスする

 

Microsoftアカウントにサインイン

Microsoftアカウントにサインイン

手順②メールアドレスを入力する

Microsoftアカウントのメールアドレスを入力します。マイクロソフトアカウントをお持ちでない方は、新規作成します。

メールアドレスを入力します。

メールアドレスを入力します。

手順③パスワードを入力する

パスワードを入力して、「次の」ボタンをクリックします。

パスワードを入力

パスワードを入力

Microsoft Office 2019のプロタクトキーを入力しOffice を取得する

マイクロソフトアカウントとMicrosoft Office 2019のプロタクトキーをセットアップします。

手順①プロタクトキーを入力する

Microsoft Office 2019のプロタクトキーを入力します。

Microsoft Office 2019のプロタクトキーを入力します。

Microsoft Office 2019のプロタクトキーを入力します。

手順②国と言語を選択する

国と言語を選んで「次へ」をクリックします。

国と言語を選んで「次へ」をクリックします。

国と言語を選んで「次へ」をクリックします。

手順③Office を取得する

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

Microsoftアカウントからインストールする

Microsoftアカウントの「サービスとサブスクリプション」、[インストール]、「その他のオプション」から言語とバージョンを選択して「インストールする」順にクリックします。

手順①Office 2019を開く

「サービスとサブスクリプション」をクリックします。

「サービスとサブスクリプション」をクリックします。

「サービスとサブスクリプション」をクリックします。

手順②インストールボタンをクリックする

Microsoft Office 2019製品を確認して、「インストール」ボタンをクリックします。

Microsoft Office 2019製品を確認して、「インストール」ボタンをクリックします。

Microsoft Office 2019製品を確認して、「インストール」ボタンをクリックします。

手順③言語とOffice バージョンを選択する

「その他のオプション」から言語とバージョンを選択して「インストールする」ボタンをクリックします。

「その他のオプション」から言語とバージョンを選択して「インストールする」ボタンをクリックします。

「その他のオプション」から言語とバージョンを選択して「インストールする」ボタンをクリックします。

インストールが開始する

インストールが完了まで少しい時間かかります。

手順①インストール開始する

準備が開始しました。

準備が開始しました。

準備が開始しました。

手順③インストール中

インストールしています。

インストールしています。

インストールしています。

手順③インストール完了

インストールが完了しました。

インストールが完了しました。

インストールが完了しました。

最後に

Excelを開いて、「ファイル」、「アカウント」順にクリックしてライセンス認証情報を確認しました。

ライセンス認証完了

ライセンス認証完了

 

Office 2016 for Mac とは

Office 2016 for MacとはMac PC向けに提供されている永続ライセンスのMicrosoft Office製品です。Office Mac 2016には、Home Student 2016とHome & Business 2016の2種類あります。両者の違いを説明したので参考にしてください。

Office 2016 for mac

Office 2016 for mac

 

Macで使うOfficeとは?

Microsoft Office 2016の永続ライセンスには、Windows版と Mac版の二つの分類があります。Windows版は、Windowsパソコンのみ使えます。Mac版は、Macパソコンのみで使えます。 今回はMacで使うOffice 2016について説明します。

Office 2016 for Mac では、Office Home and Student 2016 for MacとOffice Home and Business 2016 for Macの2種類があります。それぞれの使える機能と価格が異なります。

以下でそれぞれに説明しましょう。

Office Home and Student 2016 for Mac

Mac 専用に設計された Officeです。家庭向けライセンスです。含まれるOfficeアプリは以下の通りです。

Word 2016 for Mac

Word 2016 for Macを使うと、ドキュメントの閲覧や共同作業を簡単に行うことができます。

Excel 2016 for Mac

Excel 2016 for Mac では、「おすすめグラフ」という機能により、データに合った見せ方のグラフを提案してくれます。

PowerPoint 2016 for Mac

PowerPoint 2016 for Macはよりハイレベルなプレゼンテーション ツールとして、 資料の共有や共同作業などを実現します。

OneNote 2016 for Mac

デジタル ノートブックに求められる機能がそろっているノート アプリです。

インストール台数

最大2台の Macでに使えます。

商用利用できません

ビジネス目的でご利用されることを言います。

価格

価格は25,704円です。

つまり、Office Home and Student 2016 for Macは個人、家庭向け製品です。企業やビジネス目的に使えません。

Office Home and Business 2016 for Mac

Office Home and Business 2016 for Macは、小規模ビジネスのために設計されMac向けのオフィス製品です。使える機能は以下の通りです。

Word 2016 for Mac

Word 2016 for Macを使うと、ドキュメントの閲覧や共同作業を簡単に行うことができます。

Excel 2016 for Mac

Excel 2016 for Mac では、「おすすめグラフ」という機能により、データに合った見せ方のグラフを提案してくれます。

PowerPoint 2016 for Mac

PowerPoint 2016 for Macはよりハイレベルなプレゼンテーション ツールとして、 資料の共有や共同作業などを実現します。

OneNote 2016 for Mac

デジタル ノートブックに求められる機能がそろっているノート アプリです。

Outlook 2016 for Mac

メール、予定表、連絡先を管理できます。

インストール台数

最大2台の Macでに使えます。

商用利用可能

ビジネス目的でご利用されることが可能です。

価格

価格は37,584円です。

Office Home and Business 2016 for Macは、機能的にOutlook 2016 for Macと商用利用できるというメリットがありますので価格がOffice Home and Student 2016 for Macより1万円高いです。

Office 2016 for Mac のメリット

Office 2016 for Mac は、永続ライセンスです。購入後に追加料金なしでサポートが終了まで使えます。今、Office 2016 for Mac のサポート期間を調べてみましたが2020年10月までです。

Office 2016 for Mac のデメリット

Office 2016 for Macのサポート期間が終了するとサポートされなくなります。使い続けると危険性があります。新しい機能が更新されなくなります。 Office 2019 for Macに買い替える必要があります。

Office 2019 for Macに買い替えるコストを考えるとOffice 365 Soloがお得用に思われます。

最後に

今回は、Office 2016 for Mac を紹介しました。利用目的により、二つの種類があります。家庭のMacで使うならOffice Home and Student 2016 for Macをお勧めです。 ビジネス目的ならOffice Home and Business 2016 for Macを購入することですね。

実は、Office 365 SoloもMacで使えますがサブスクリプションとなります。上記に説明したOffice 2016 for Mac のすべての機能を使えるうえ、更新された新機能も使えます。 Office 365 Soloについては以下の記事を参考してください。

nburi.hatenablog.com