Office ログ

PC でよく使うソフト、Microsoft Office のWord、Excelなどの情報を記録しました。

Office 2019はどこで買える?ネットで購入する方法・値段を安くする方法まとめ

マイクロソフトのOffice 2019を利用するときに迷うのは「正規品のOffice 2019はどこで安く買えるの?」ではないでしょうか。

Office 2019は、家電量販店やコンビニ、マイクロソフト公式サイトのストアなどで購入できますよ。

Amazonを使っている方は、Amazonで通常より安く購入することもできるので、最も便利な方法で購入してくださいね。

このページでは、Office 2019を購入する方法と、Office 2019を安く買う方法を紹介します。

Office 購入方法

Office 購入方法

 

Office 2019の種類・価格

Office 2019 種類、価格

Office 2019 種類、価格

まずはOffice 2019について簡単に説明しますね。

Office 2019の種類と値段は以下のとおりです。

  • Office Personal 2019:32,184円
  • Office Home & Business 2019:37,584円
  • Office Professional 2019:64,584円
  • Office Home & Student 2019 for Mac:25,704円

 

公式サイトで購入できるOffice 2019の種類は4つあり、値段は、Word 2019、Excel 2019、Outlook 2019を含まれるOffice Personal 2019が32,184円でWindows 10 PC 2台でインストールできます。37,584円でPowerPointも付いているOffice Home & Business 2019は、2台のWindows 10 PCまたはMacでインストールできます。

Office Professional 2019は、すべてのOffice アプリを2台のWindows 10 PCにインストールできるため、64,584円と一番高くなっています。

一方、25,704円となっている一番安いのOffice Home & Student 2019 for Macは、Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019を2台のMacでインストールできる製品です。

Office 2019のダウンロード版を公式サイトから購入するにかかるコストは、製品の価格のみ、送料無料です。

Office 2019を購入できる場所

さて、それでは本題に入っていきましょう。

Office 2019が買える場所は、以下のとおりです。

  • 量販店
  • オンライン ストア
  • Microsoft Store
  • コンビニ

 

上記のように購入場所はたくさんありますが、オンライン ストアが最も手っ取り早いと思います。

Office 2019を安く買う方法

さて、Office 2019を購入するときは、それにかかるコストが気になりますよね。

というわけで、Office 2019のコストについても気になるところだと思います。

Microsoft Store 、量販店、コンビニ等で安く買う方法はありませんが、オンライン ストアにはありますよ。

オンライン ストアで購入する

Office 2019は、オンライン ストアでプロタクトキーのみで売っています。

Office 2019を安く購入したい方は、オンライン ストアでプロタクトキーを買ったほうがお得ですよ。

Office 2019のインストール方法


最新版Office バージョンのOffice 2019 ソフトウェアをダウンロードする

上記 Youtube動画はOffice 2019のインストール方法です、参考してください。

Office 2019をインストールした大まかな流れは以下のとおりです。

  • マイクロソフトアカウントにサインイン
  • Office 2019のプロタクトキーを入力
  • マイクロソフトアカウントからOffice 2019のファイルをダウンロードする
  • インストールを開始する
  • インストール、認証が完了する

 

とても簡単ですね!

nburi.hatenablog.com

さいごに

Office 2019は、Microsoft Store 、量販店、コンビニ、オンライン ストア等で購入できます。

ぼくはオンライン ストアで購入していますよ。

安く購入したいなら、Office 2019をオンライン ストアで購入したのがいいと思います!

Microsoft Office 、無料と有料の違いは?

PC 作業でよく使うMicrosoft Office 。有料のMicrosoft Office は数万円もするのに、なんで無料のものがあるのか?今回は、無料、有料Microsoft Office の特徴などをご紹介します。

Microsoft Office

Microsoft Office

 

Microsoft Office Online はなぜ無料なのか?

Microsoft Office 有料版ソフトの宣伝のために無料ソフトを提供している、というものです。

Libre OfficeやOpenOfficeMicrosoft Officeと互換性が高くなり、無料でWordやExcelの代わりとして使えます。無料版は有料セキュリティソフトを買ってもらうための「入り口」の役割を果たしています。

Office Online は、無料のため、利用制限があります。マイクロソフトの全機能を使うために、有料版を購入することになります。

有料Microsoft Office との違いは?

機能が少ない

有料版の購入してもらうために、機能を制限した状態で「無料版」を提供しています。「Word」「Excel」「Outlook」「PowerPoint」などの基本機能を使えますが、マクロが使えないというような制限があります。

ネット環境が必要

Office Online はオンラインのみで使えます。ネット環境がないと使えません。

こうした理由から、Office Online はマイクロソフトの基本機能を使うしかありません。無料というのはメリットですが、デメリットもありますね。

有料Microsoft Office を使うには?

Microsoft Office のパッケージ製品を購入する

Microsoft Office のOffice 2016またはOffice 2019を購入します。永続ライセンスとして、Microsoft Office をパソコンで利用できます。

永続ライセンスのため、購入するときに数万円掛かります。

Office 365 サブスクリプション版を購入する

Microsoft Office の新しい利用形態です。常に最新のオフィスを利用できます。毎月または毎年の利用料金を払う必要があります。年間1万円くらいかかります。

最後に

Microsoft Office は無料版もありますが利用制限があります。マイクロソフトの全機能を使うには、有料版を購入する必要があります。

すぐわかる!Microsoft Office 2019 をインストールする方法

Microsoft Office 2019 のインストール方法を説明します。Microsoft Office 2019 をインストールするにはマイクロソフトアカウントとプロタクトキーが必要です。 以下でインストール手順を紹介します。

Microsoft Office 2019をインストールする方法

Microsoft Office 2019をインストールする方法

2018年12月2日の記事でMicrosoft Office 2019について説明しました。

nburi.hatenablog.com

今回、Microsoft Office 2019をインストールした手順をメモしました。インストール手順は以下の通りです。

 

 

Microsoft アカウントにサインインする

Microsoftアカウントにサインインしてみましょう。

手順①Microsoftアカウントにサインインする

下記リンクをクリックし、Microsoftアカウントにサインインします。

⇒「Microsoftアカウントへアクセスする

 

Microsoftアカウントにサインイン

Microsoftアカウントにサインイン

手順②メールアドレスを入力する

Microsoftアカウントのメールアドレスを入力します。マイクロソフトアカウントをお持ちでない方は、新規作成します。

メールアドレスを入力します。

メールアドレスを入力します。

手順③パスワードを入力する

パスワードを入力して、「次の」ボタンをクリックします。

パスワードを入力

パスワードを入力

Microsoft Office 2019のプロタクトキーを入力しOffice を取得する

マイクロソフトアカウントとMicrosoft Office 2019のプロタクトキーをセットアップします。

手順①プロタクトキーを入力する

Microsoft Office 2019のプロタクトキーを入力します。

Microsoft Office 2019のプロタクトキーを入力します。

Microsoft Office 2019のプロタクトキーを入力します。

手順②国と言語を選択する

国と言語を選んで「次へ」をクリックします。

国と言語を選んで「次へ」をクリックします。

国と言語を選んで「次へ」をクリックします。

手順③Office を取得する

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

Microsoftアカウントからインストールする

Microsoftアカウントの「サービスとサブスクリプション」、[インストール]、「その他のオプション」から言語とバージョンを選択して「インストールする」順にクリックします。

手順①Office 2019を開く

「サービスとサブスクリプション」をクリックします。

「サービスとサブスクリプション」をクリックします。

「サービスとサブスクリプション」をクリックします。

手順②インストールボタンをクリックする

Microsoft Office 2019製品を確認して、「インストール」ボタンをクリックします。

Microsoft Office 2019製品を確認して、「インストール」ボタンをクリックします。

Microsoft Office 2019製品を確認して、「インストール」ボタンをクリックします。

手順③言語とOffice バージョンを選択する

「その他のオプション」から言語とバージョンを選択して「インストールする」ボタンをクリックします。

「その他のオプション」から言語とバージョンを選択して「インストールする」ボタンをクリックします。

「その他のオプション」から言語とバージョンを選択して「インストールする」ボタンをクリックします。

インストールが開始する

インストールが完了まで少しい時間かかります。

手順①インストール開始する

準備が開始しました。

準備が開始しました。

準備が開始しました。

手順③インストール中

インストールしています。

インストールしています。

インストールしています。

手順③インストール完了

インストールが完了しました。

インストールが完了しました。

インストールが完了しました。

最後に

Excelを開いて、「ファイル」、「アカウント」順にクリックしてライセンス認証情報を確認しました。

ライセンス認証完了

ライセンス認証完了

 

Office 2016 for Mac とは

Office 2016 for MacとはMac PC向けに提供されている永続ライセンスのMicrosoft Office製品です。Office Mac 2016には、Home Student 2016とHome & Business 2016の2種類あります。両者の違いを説明したので参考にしてください。

Office 2016 for mac

Office 2016 for mac

 

Macで使うOfficeとは?

Microsoft Office 2016の永続ライセンスには、Windows版と Mac版の二つの分類があります。Windows版は、Windowsパソコンのみ使えます。Mac版は、Macパソコンのみで使えます。 今回はMacで使うOffice 2016について説明します。

Office 2016 for Mac では、Office Home and Student 2016 for MacとOffice Home and Business 2016 for Macの2種類があります。それぞれの使える機能と価格が異なります。

以下でそれぞれに説明しましょう。

Office Home and Student 2016 for Mac

Mac 専用に設計された Officeです。家庭向けライセンスです。含まれるOfficeアプリは以下の通りです。

Word 2016 for Mac

Word 2016 for Macを使うと、ドキュメントの閲覧や共同作業を簡単に行うことができます。

Excel 2016 for Mac

Excel 2016 for Mac では、「おすすめグラフ」という機能により、データに合った見せ方のグラフを提案してくれます。

PowerPoint 2016 for Mac

PowerPoint 2016 for Macはよりハイレベルなプレゼンテーション ツールとして、 資料の共有や共同作業などを実現します。

OneNote 2016 for Mac

デジタル ノートブックに求められる機能がそろっているノート アプリです。

インストール台数

最大2台の Macでに使えます。

商用利用できません

ビジネス目的でご利用されることを言います。

価格

価格は25,704円です。

つまり、Office Home and Student 2016 for Macは個人、家庭向け製品です。企業やビジネス目的に使えません。

Office Home and Business 2016 for Mac

Office Home and Business 2016 for Macは、小規模ビジネスのために設計されMac向けのオフィス製品です。使える機能は以下の通りです。

Word 2016 for Mac

Word 2016 for Macを使うと、ドキュメントの閲覧や共同作業を簡単に行うことができます。

Excel 2016 for Mac

Excel 2016 for Mac では、「おすすめグラフ」という機能により、データに合った見せ方のグラフを提案してくれます。

PowerPoint 2016 for Mac

PowerPoint 2016 for Macはよりハイレベルなプレゼンテーション ツールとして、 資料の共有や共同作業などを実現します。

OneNote 2016 for Mac

デジタル ノートブックに求められる機能がそろっているノート アプリです。

Outlook 2016 for Mac

メール、予定表、連絡先を管理できます。

インストール台数

最大2台の Macでに使えます。

商用利用可能

ビジネス目的でご利用されることが可能です。

価格

価格は37,584円です。

Office Home and Business 2016 for Macは、機能的にOutlook 2016 for Macと商用利用できるというメリットがありますので価格がOffice Home and Student 2016 for Macより1万円高いです。

Office 2016 for Mac のメリット

Office 2016 for Mac は、永続ライセンスです。購入後に追加料金なしでサポートが終了まで使えます。今、Office 2016 for Mac のサポート期間を調べてみましたが2020年10月までです。

Office 2016 for Mac のデメリット

Office 2016 for Macのサポート期間が終了するとサポートされなくなります。使い続けると危険性があります。新しい機能が更新されなくなります。 Office 2019 for Macに買い替える必要があります。

Office 2019 for Macに買い替えるコストを考えるとOffice 365 Soloがお得用に思われます。

最後に

今回は、Office 2016 for Mac を紹介しました。利用目的により、二つの種類があります。家庭のMacで使うならOffice Home and Student 2016 for Macをお勧めです。 ビジネス目的ならOffice Home and Business 2016 for Macを購入することですね。

実は、Office 365 SoloもMacで使えますがサブスクリプションとなります。上記に説明したOffice 2016 for Mac のすべての機能を使えるうえ、更新された新機能も使えます。 Office 365 Soloについては以下の記事を参考してください。

nburi.hatenablog.com

Office 365 Solo は個人向けのサブスクリプション型

Office 365 Solo はインストール台数が無制限に、同時使用台数が5台となりました。この規制緩和でOffice 365 Solo のユーザーが増えるでしょう。 今回、Office 365 Solo を購入するメリットを紹介します。

Office 365 solo

Office 365 soloを入手するメリットを説明します。

 

Office 365 Solo ってどんなオフィスソフト?

10月2日からOffice 365 Solo のインストール台数が無制限に、同時サインインは5台まで可能に変更されました。これを機にOffice 365 Soloの購入を検討している方も多いだろう。

Office 365の個人向けバージョンです。

今回は、Microsoftは個人向け「Office 365」のライセンスを改定し、同時利用できるユーザー数やデバイス数の制限を緩和しました。 対象製品は、海外で個人向けに販売している「Office 365 Home」と「Office 365 Personal」、まだ、日本限定発売されている「Office 365 Solo」でした。

Office 365 Soloは、今年(2018 年)10月2日まで2台のデスクトップPC(Windows/Mac)と2台のタブレット、2台のスマートフォン、合計6台にインストールして利用することが可能でしたが現在は はこの台数制限が撤廃され、何台でも「Office 365 Solo」をインストールできるようになりました。

では、日本限定で販売されているOffice 365 Soloはどんなオフィスソフトなのか?以下で簡単に説明しましょう。

Office 365 Soloはサブスクリプション

Office 365 Solo サブスクリプション型は、年間12,744円、または1ヶ月1,274円を払って最新版の Microsoft Office を利用できる Microsoft のオフィス製品です。

Office 365 Solo の料金を払い続けるとMicrosoft Office の最新の機能を使えます。使えるOffice アプリケーションと機能について後で説明します。

逆に、Office 365 Solo の契約期間が終われば追加料金を支払って、Office の利用期間を延長しなければなりません。

これは、Office 365 Solo サブスクリプション型とOffice 2019 永続ライセンス型の違いです。Office 2019 永続ライセンス型について以下の記事を参考してください。

nburi.hatenablog.com

Office 365 Solo の機能

Office 365 Solo はWord、ExcelPowerPoint などのOfficeアプリを使えるうえ、マイクロソフトが提供しているクラウドサービスが利用できます。

Office 365 Solo で使えるOffice アプリ

Office 365 Solo では以下のOffice アプリを使えます。Office 365 Solo に含まれるOfficeアプリケーションでは、Office 2016、Office 2019って数字が消えていて、代わりに「Office 365」って表示されるようになりました。

Word

Word

Word

Excel

Excel

Excel

PowerPoint

PowerPoint

PowerPoint

Outlook

Outlook

Outlook

OneNote

OneNote

OneNote

Access

Access

Access

Publisher

Publisher

Publisher

以上のOfficeアプリケーションをすべて使えます。

常に最新版のOfficeが使用できる

Office 365 Solo は常に最新のOfficeを使えます。例えば、Office 2019で追加された新機能はOffice 365 Solo のOffice 2016で既に追加されていました。

複数のデバイスに対応できる

Windows PCとMac PC 、またはタブレットスマートフォンでも対応します。

インストール台数は無制限、同時利用台数は5台まで

Office 365 Soloは1つのライセンスでOffice を何台でもインストールできます。しかし、同時利用台数は5台までです。

Onedriveが1TB無料で使える

Office 365 Solo の契約期間中は、「Onedrive」が1TB使用できます。

毎月60分間のSkype無料通話

Office 365 Solo使用中は、国際電話と固定電話にSkypeで毎月60分間通話できます。

Office 365 Solo の価格

Office 365 Solo はサブスクリプション型で一年間の契約で12,744円の料金が必要です。一か月での契約もできます。一か月は1,274円です。年間契約のほうが月額契約よりお得です。

Office 365 Solo は毎年料金を払うことがありますので三年間の料金は38,232円となります。それで、永続ライセンス購入するとお得と思う方もいます。でも、それらの利用できる機能が違いますよ。 Office 365 Solo は機能面では圧倒的にメリットがあります。

Office 365 Solo を一か月無料で使える

Office 365 Solo 無料お試し版をダウンロードするとすべての機能が使えます。制限ありません。

クレジット カードが必要です。

Office 365 Solo は、1 か月の無料試用期間が終了すると、¥1,274/月相当でのご利用となります。 そのため、Office365 Solo無料お試し版(体験版)の自動有料化にご注意することです。

Microsoft 公式 – 家庭向け Office の無料試用版ダウンロード

上記のURLからダウンロードできます。

最後に

Office 365 Solo について説明しました。

Office 365 Solo はサブスクリプションという新しい利用形態で、今までパッケージ版のオフィスを利用していた経験と全く違いですね。

今後、Office 2019とOffice 365 Solo についてどんな違いがあるのかを比較してみます。

Windows10 を安く使う方法は?DSP版・OEM版の違いとパッケージ版との価格を比較

Windows 10を格安価格で入手する方法があります。Windows 10には、パッケージ版、DSP版、OEM版の3種類が併売されています。ここは、それぞれのライセンスの違いと価格を比較したので参考にしてください。

Windows 10

Windows 10

Windows 10には、「Home」と「Pro」の2種類があります。Windows 10 Homeは一般ユーザー向けでWindows Hello、Continium、Cortanaなどの基本機能が搭載されています。 Windows 10 ProはHomeに搭載されている機能のうえに、スモールビジネス向けの機能が搭載されています。

マイクロソフトの公式サイトでWindows 10 Homeの価格は19,008円 (税込)、Windows 10 Proの価格は27,864円 (税込)と販売されています。Windows 10 Proは機能面で優れているため、高く売るのは当たり前のことですね。

値段を安くするために、家庭で使うならWindows 10 の基本機能が十分と思って、Windows 10 Homeを選択する方が多いでしょう。それでも、、20,000円掛かります。

実は、Windows 10 には様々な販売形態があり、販売形態により、価格が異なりますが機能に関しては変わりはないです。このWindows 10 Home 19,008 (税込)値段はパッケージ版の価格です。DSP版、OEM版を購入するとWindows 10 Proでも、20,000円以下で購入できます。

それで、以下はWindows 10 のパッケージ版、DSP版、OEM版の違いを説明します。

 

Windows 10 パッケージ版

Windows 10 パッケージ版とは、箱の形で販売されているOSです。箱の中にインストールディスクでは無くなり「USBメモリー3.0」になりました。

特長

Windows 10 パッケージ版では以下のようなメリットがあります。

他のパソコンに再インストールできる

パソコンが壊れ、買い替えた場合、他のパソコンに再インストールできます。

マイクロソフトの無料サポートを受ける

別のパソコンに再インストールで認証できない場合、電話認証ができます。

短所

他の販売形態より価格的に高い。

価格

Windows 10 パッケージ版のHomeと Pro の価格をみましょう。

Windows 10 Home 19,008円 (税込)

これは、公式サイトの価格です。アマゾンなら 15,200円で購入できます。

Windows 10 Pro 27,864円 (税込)

これは、公式サイトの価格です。アマゾンなら 23,940円で購入できます。

Windows 10 パッケージ版は、価格が高いですが、パソコンが壊れても別のパソコンでも使えます。そのため、パソコンを買い替える方にお勧めです。パソコンを買い替えた時にWindows OSを購入する必要がありません。

Windows10 DSP

Windows10 DSP 版とは、パソコンパーツとOSのセットになったライセンスです。

特長

Windows10 DSP版を単体で購入する事はできません。HDDとOS、メモリとOSなどセットで購入します。

パッケージ版より安い

パッケージ版よりは通常はお得です。

他のパソコンにパーツとセットで移動する

別のパソコンに移動するにはパーツとセットで移動すれば認証できます。

短所

ライセンス認証が紐づけされているパーツが壊れると別のパソコンで使えません。

価格

アマゾンで販売されているWindows10 DSP 版Homeと Pro の価格をみましょう。

Windows10 Home 12,980円

パッケージ版より6,000円安いです。

Windows10 Pro 18,600円

パッケージ版より9,000円安いです。

Windows10 DSP 版はパッケージ版より安いですが、パソコンパーツとセットで使うのはデメリットです。パソコンパーツが壊れると使えなくなります。それでも、コストを抑えたい方は購入するでしょう。

Windows10 OEM

Windows10 OEM 版とは、メーカPCに予めインストール、ライセンス認証がされています。

特長

Windows10パッケージ版、DSP 版より安い。パソコン作業に詳しくない方にお勧めです。インストールとライセンス認証をする必要がありません。そのまま使えます。

短所

パソコンが壊れるとライセンスがなくなります。

価格

Windows10 OEM 版は単体で販売されていません。

最後に

Windows 10 の3種類の販売形態を紹介しました。

パッケージ版は高いですがパソコンが壊れても別のパソコンでインストールできます。そのメリットが大きいです。 DSP版はPCパーツと同時でないと買えない、安いのはメリットですが、多少パソコンの知識がなければ使えないと思います。Windows10 OEM 版は一番安いで、パソコンにセットになっているため、インストールする必要がありません。 パソコン初心者にお勧めです。

Microsoft Office 2019は最新の永続ライセンス型

Office 2019 では、使いやすい新機能が追加されました。前バージョンのOffice 2016に比べてどんなメリットがあるでしょうか。ここは、Office 2019の新機能・強化された機能についてご紹介しているので参考にしてください。

Office 2019

Office 2019

Office 2019をお得に購入したい人は、ぜひご参考ください!

家庭向けOffice 2019の種類と価格

追加 1月16日

日本マイクロソフト株式会社は、家庭向けのOffice 2019を1月22日より発売すると発表しました。Office 2019製品の種類と価格も発表しているのでまとめてみました。

Office 2019 製品の種類は、Office 2016に比べて少しい変更があります。Windows PC / Mac版、Windows PC 版、Mac 版と三つの大きな分類になっています。 Office 2016では、Windows PC 版、Mac 版と二つの対応製品がありました。以下でOffice 2019製品ラインアップを紹介します。

Windows PC /Mac 両方に対応する製品

Windows PC または Mac に対応する製品
使えるアプリケーションと価格 Office Home & Business 2019
Word 2019
Excel 2019
PowerPoint 2019
Outlook 2019
提供形態 POSA版
ダウンロード版
プレインストール PC版 (1)
参考価格(税抜き) 34,800円
インストール台数 2 台のWindows PC またはMac

Office 2016では、Office Home & Business 2016 for PCとOffice Home & Business 2016 for Macと対応PCが異なっていました。価格は37,584円 (税込)でした。

MOffice 2019では、Office Home & Business 2019を購入するとWindows/Mac両対応するようになりました。

参考価格によれば値段は変更がありません。Windows/Mac両方をお持ちの方にお勧めですね。

(1)Office Home & Business 2019のプレインストール版はWindows PC 向け版のみになります。Macに対応しません。

Windows 10向け製品

Windows PCに対応製品
使えるアプリケーションと価格 Office Personal 2019 Office Professional 2019 Office Professional Academic 2019
Word 2019
Excel 2019
PowerPoint 2019  
Outlook 2019
Access 2019  
Publisher 2019  
提供形態 POSA版
ダウンロード版
プレインストール PC版
ダウンロード版
プレインストール PC版
POSA版
ダウンロード版
プレインストール PC版
参考価格(税抜き) 29,800円 59,800円 27,800円
インストール台数 2台のWindows PC 2台のWindows PC 2台のWindows PC

表によれば、Office Personal 2019はWord 2019、Excel 2019、Outlook 2019のオフィスソフトの基本的な機能を使えるプランです。価格は比較的に安いです。

Office Professional 2019はWord 2019、Excel 2019、Outlook 2019、PowerPoint 2019、Access 2019、Publisher 2019のアプリケーションを使えることで最上位のプランといえるでしょう。 そのため、価格が高いのは当たり前でしょう。ビジネスで使用する方にお勧めです。POSA版は販売されていません。

Office Professional Academic 2019は、学生・教職員向けの製品で安く購入できます。でも、購入時に学生証明などを提示する必要があります。

Mac 向け製品

Mac 対応製品
使えるアプリケーションと価格 Office Home & Student 2019 for Mac Office Academic 2019 for Mac
Word 2019
Excel 2019
PowerPoint 2019
Outlook 2019  
提供形態 POSA版
ダウンロード版
POSA版
ダウンロード版
参考価格(税抜き) 23,800円 16,800円
インストール台数 2台のMac PC 2台のMac PC

表によれば、Office Home & Student 2019 for Macは家庭向け製品です。Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019を利用可能です。

Office Academic 2019 for Macは学生向け製品で安く入手できます。もちろん、学生証明を提示するでしょう。

Office 2019単体製品

Office 2019の各アプリケーションを単体でも購入可能です。以下でそれらの製品なと価格を紹介します。

Office 2019単体製品
製品名 対応PC 参考価格 提供形態
Word 2019 Windows PC / Mac 向け 14,800円 POSA版
ダウンロード版
Excel 2019 Windows PC / Mac 向け 14,800円 POSA版
ダウンロード版
PowerPoint 2019 Windows PC / Mac 向け 14,800円 POSA版
ダウンロード版
Outlook 2019 Windows PC / Mac 向け 14,800円 POSA版
ダウンロード版
Access 2019 Windows PC 14,800円 POSA版
ダウンロード版
Publisher 2019 Windows PC 14,800円 POSA版
ダウンロード版

Office 2019単体製品の価格は全部14,800円となっています。Access 2019、Publisher 2019はMac対応していませんのでご注意ください。

以上、日本マイクロソフト株式会社の1月15日の発表に元ついてまとめました。価格は参考価格になっています。実際の販売時の価格はまだです。変化があるかどうかはまだ分かりません。1月22日の価格は標準価格です。

Office 2019 永続ライセンスについて

Microsoft Office 2019は永続ライセンス型で利用期限がなく、永続的に利用できるのが特徴です。サブスクリプション型のOffice 365と違って、毎年(または毎月)料金を支払う必要がありません。 マイクロソフトのWord 、ExcelPowerPointなどを一括払いで利用したい方にお勧めです。でも、Office 365サービスは付属しないのはデメリットです

そのため、Microsoft Office 2019は今後、Office 365でアップデートされる新機能を利用できません。常にMicrosoft Office の最新機能を使うならOffice 365を購入する必要があります。

また、Microsoft Office 2019には、サポート期間があります。サポート期間を過ぎると不具合の解消などが提供されなくなり、セキュリティーの面でも危険性が高まります。

今までのMicrosoft Officeの永続ライセンスのサポート期間は、メインストリームサポートが発売から約5年間設定されていて、延長サポートが5年間と設定されていて、合計10年間のサポート期間が設定されていました。

今回のOffice 2019は、Microsoft Office 2019のサポート期間は、メインストリームサポートが発売から約5年間設定されていて、延長サポートが2年間と設定されています。Microsoft Office 2016と同じ時期にサポートが終了しますのでご注意ください。

さらに、Microsoft Office 2019はWindows 10のみサポートしますので古いバージョンのOSを使っている方はご注意ください。 Windows 7またはWindows 8を利用している方は早めに、Windows 10へアップグレードするようにしましょう。今なら、まだ無料アップデートできるようです。

では、以下でMicrosoft Office 2019の新機能を細かく紹介していきます。

Office 2019 の新機能

Office 2019 の新機能はOffice 365を通してOffice 2016にアップデートした、永続ライセンスのOffice 2016に提供しなかった内容です。

ここでは Office 2019 のWord、ExcelPowerPointに追加された新しいインク ツール、データ型、関数、翻訳および編集ツール、モーション グラフィックス、使いやすい機能を紹介します。

Word 2019

Word 2019では、改善されたデジタルペン機能、ブックのようなページ ナビゲーション、学習ツール、翻訳などの機能が追加されました。

Word での共同作業

Word 内からファイルを共有して、他のユーザーと同時にそのファイルを編集しているときに、自分のプレゼンスと変更内容が表示されます。

翻訳機能で言語の壁を取り除く

Microsoft は翻訳ツールを使って単語、語句、または文を別の言語に翻訳できます。この機能はWord、ExcelOneNotePowerPoint で使用できます。Outlook 用の翻訳ツール アドインは、Office ストアで入手できます。「校閲」から「翻訳」の順にクリックして通訳することが可能です。

読み上げツール

Word で読み上げられる文書を聞くこともできます。「表示」から「学習ツール」の順にクリックして確認できます。

デジタル ペンの追加、インク機能の強化

デジタル ペンおよび鉛筆のセット を利用して、文章を自然な方法で記述できる機能です。

LaTeX 数式を追加

Word 2019では、LaTeX の数式構文をサポートするようになりました。数式をより簡単に編集できます。

視覚的なインパクトの追加

アイコンと SVG を追加することで文章をカスタマイズできるようになりました。まだ、3D モデルを簡単に挿入し、完全に360度に回転します。

アクセシビリティの改善

Word 2019の操作がより簡単になりました。

Excel 2019

Excel 2019 では新しい機能がいくつか追加されています。以下で確認してみましょう。一部の機能はWord、ExcelPowerPointなどのアプリで共通機能ので、Word 2019で説明した新機能をこちら紹介しません。例えば、インク機能の強化、 LaTeX 形式、アイコンと SVG の追加のようなすべてのアプリで追加された機能を省略しました。

新しい関数の追加

Office365で追加されたCONCAT 、IFS、MAXIFS 、SWITCH、TEXTJOINがExcel 2019に追加されました。

新しいグラフの追加

マップ グラフとじょうごグラフ を追加しました。

Excel 2019では、マップ グラフを作成して、値別または分類項目別の地理データを表示することが可能です。

じょうごグラフは、順序付けられた一連のデータ内に複数のグループが存在し、グループ間の比率を表示する場合に使用します。

Power BI への公開

Power BI サブスクリプションをお持ちの場合、ローカルに保存されたファイルを Power BI に発行できるようになりました。 使い方法は、ファイルをコンピューターに保存し、[ファイル] > [発行] > [Power BI へ発行] の順にクリックします。

PowerPivotl 2019

PowerPoint 2019 では、以下のような新しい機能が追加されています。

視覚効果の向上

変形切り替え効果

変形切り替え効果で、スライド上のアニメーションの動きがスムーズにしました。

PowerPoint のズーム機能

PowerPoint でズームを作成すると、プレゼンテーション中に、特定のスライド、セクション、部分間を決定した順序で切り替えることができます。

テキスト用蛍光ペン

テキスト用蛍光ペンでプレゼンテーション内の特定のテキスト部分を強調表示できます。

画像などのメディア

視覚的なインパクトを高めるベクター グラフィックス

スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) 画像は、拡大またはサイズ変更しても画質を損なうことはありません。

SVG アイコンの図形への変換

SVG 画像またはアイコンを Office 図形に変換すると、SVG ファイルを分解し、その個々のパーツを編集できます。

3D モデルの挿入であらゆる角度からの表示が可能に

3D モデルを使用すると、プレゼンテーションに視覚的かつ独創的なインパクトを加えることができます。

Office 2019では、これらのOffice 365ですでに使われていました機能を追加しました。

Office 365 との違い

Office 2019 は最新の永続ライセンスで、Office 365を通してOffice 2016にアップデートした新機能を使えるようになりました。

しかし、Office 2019 は永続ライセンスであるため、2台のパソコンのみインストールできます。Office 365のような複数のデバイスでインストールすることができません。

例えば、個人向けOffice 365 soloは、インストール台数は無制限、同時に使用できるのは5台までというメリットがあります。それに対して、Office 2019 はWindows 版を購入するとWindows PC 2台のみインストールできます。 Mac マシンでインストールことはできません。MacでOffice 2019を使うには、Mac版Office 2019を購入する必要があります。もちろん、Mac 2台でインストールできます。

まだ、Office 365サービス部分のすべての機能を使えません。

上記は機能面での違いですが、一番大きな違いは、価格面での違いです。 Office 2019 は買い切り型で一括払いです。今回のバージョンアップでOffice 2016の値段より10%上がるらしい。購入すると7年使っても追加料金が発生しませんのは永続ライセンスのメリットです。

その反面、Office 365はサブスクリプション版であり、使い続ける限り、毎年の料金が発生します。機能面で優れていますが、長年使い続けると価格が高くなってしまうのはデメリットです。

最後に

マイクロソフトの最新版のOffice 2019 を紹介しました。

Windows PC /Mac 両方をお持ちの方にはOffice Home & Business 2019をお勧めします。1つのライセンスでWindows PC /Mac 両方にインストールできるからお得でしょう。

Windows PC をお持ちの方、家庭でWord、Excelを使うならOffice Personal 2019がおすすめです。

業務、ビジネスの必要であれば、Office Professional 2019を選択するでしょう。

Mac のみでOffice 2019をインストールするならOffice Home & Student 2019 for Macを購入するでしょう。Office Academic 2019 for Macは安いですが、学生向けです。

Office 2019単体製品は購入できますが高いと思います。

以上、Office 2019についてまとめました。

今後、パソコンの買い替え、Office の購入を検討している方は参考にしてください。