読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスソフトの学び

仕事で使用頻度の高いマイクロソフトのOfficeソフト、WordやExcelをイチから徹底的に学び・気づきを書き記したブログです。

VLOOKUP関数の使い方[エクセル(Excel2016)の使い方]

office2016

Excel(エクセル)のVLOOKUP関数は、データを検索する関数の中でもっとも人気者関数です。これを覚えておくと、業務スピードや正確性に格段に差が出ます。今回はその基本的な使い方をサンプルを用いて丁寧に解説します。

 

f:id:nburi:20170116105658p:plain

 

  VLOOKUP関数は、先頭列で検索して対応する値を求めることができます。この関数を使えば、データ入力が飛躍的にスピードアップするんですよ!  

 VLOOKUP 関数の基本使い方

f:id:nburi:20170114191022p:plain

 Excel(エクセル)のVLOOKUP関数は、指定された範囲の 1 列目(一番左端の列)で値を検索し、その指定範囲内の別の列の同じ行にある値を返します。

検索値

検索する値またはセル参照を指定します。

範囲

2 列以上のセル範囲を指定します。ここで指定した範囲の左端の列で検索値を検索します。

列番号

目的データが入力されている列番号を指定します。
重要範囲の左端の列が 1 になり、次の列が 2 になります。

検索の型

検索値の検索方法を TRUE(近似値)か FALSE(完全一致)で指定します。省略するとTRUEとして処理されます。
TRUE の場合範囲の左端の列にあるデータを、昇順に並べ替えておく必要があります。昇順になってない場合、正しい結果が求められません。検索値が見つからない場合は、検索値未満の最大値が使用されます。
FALSE の場合データの並べ替えは必要なく、検索値が文字列の場合にワイルドカードが使用できます。検索値を完全に一致するデータが無い場合エラー値「#N/A」が返されます。

 

VLOOKUP関数のややこしすぎる引数を解説!

f:id:nburi:20170116112728p:plain

 このようなデータがあります。この中から「Home and Business Premium」の価格を調べたいなら、引数に何を指定すればいいのか一つずつ解説します。

検索値を入力

まずは「検索値」を入力します。調べたい「商品名」を入力すると「Home and Business Premium」シートのセルA3となります。

f:id:nburi:20170116114750p:plain

範囲を入力

次に、「範囲」を入力します。「商品一覧」シートを表示して、データの一覧表の範囲をドラッグで選択しましょう。

f:id:nburi:20170116115214p:plain

列番号を入力

調べたいデータ「価格」は「範囲」の左から3列目にあるので、「3」と入力します。

f:id:nburi:20170116115920p:plain

検索方法を入力

検索値の検索方法を TRUE(近似値)か FALSE(完全一致)で指定します。省略するとTRUEとして処理されます。

f:id:nburi:20170116120353p:plain

 最後に、OKブタンで価格を見ましょう。

f:id:nburi:20170116121511p:plain

 いかかでしょうか?できましたか? こんな便利な関数を「難しそう…」といつまでも敬遠しているのはもったいない! みなさんもご自分の仕事に必要な機会にVLOOKUP関数を試してみてください。