Office ログ

PC でよく使うソフト、Microsoft Office のWord、Excelなどの情報を記録しました。

Office 365 Solo は個人向けのサブスクリプション型

Office 365 Solo はインストール台数が無制限に、同時使用台数が5台となりました。この規制緩和でOffice 365 Solo のユーザーが増えるでしょう。 今回、Office 365 Solo を購入するメリットを紹介します。

Office 365 solo

Office 365 soloを入手するメリットを説明します。

 

Office 365 Solo ってどんなオフィスソフト?

10月2日からOffice 365 Solo のインストール台数が無制限に、同時サインインは5台まで可能に変更されました。これを機にOffice 365 Soloの購入を検討している方も多いだろう。

Office 365の個人向けバージョンです。

今回は、Microsoftは個人向け「Office 365」のライセンスを改定し、同時利用できるユーザー数やデバイス数の制限を緩和しました。 対象製品は、海外で個人向けに販売している「Office 365 Home」と「Office 365 Personal」、まだ、日本限定発売されている「Office 365 Solo」でした。

Office 365 Soloは、今年(2018 年)10月2日まで2台のデスクトップPC(Windows/Mac)と2台のタブレット、2台のスマートフォン、合計6台にインストールして利用することが可能でしたが現在は はこの台数制限が撤廃され、何台でも「Office 365 Solo」をインストールできるようになりました。

では、日本限定で販売されているOffice 365 Soloはどんなオフィスソフトなのか?以下で簡単に説明しましょう。

Office 365 Soloはサブスクリプション

Office 365 Solo サブスクリプション型は、年間12,744円、または1ヶ月1,274円を払って最新版の Microsoft Office を利用できる Microsoft のオフィス製品です。

Office 365 Solo の料金を払い続けるとMicrosoft Office の最新の機能を使えます。使えるOffice アプリケーションと機能について後で説明します。

逆に、Office 365 Solo の契約期間が終われば追加料金を支払って、Office の利用期間を延長しなければなりません。

これは、Office 365 Solo サブスクリプション型とOffice 2019 永続ライセンス型の違いです。Office 2019 永続ライセンス型について以下の記事を参考してください。

nburi.hatenablog.com

Office 365 Solo の機能

Office 365 Solo はWord、ExcelPowerPoint などのOfficeアプリを使えるうえ、マイクロソフトが提供しているクラウドサービスが利用できます。

Office 365 Solo で使えるOffice アプリ

Office 365 Solo では以下のOffice アプリを使えます。Office 365 Solo に含まれるOfficeアプリケーションでは、Office 2016、Office 2019って数字が消えていて、代わりに「Office 365」って表示されるようになりました。

Word

Word

Word

Excel

Excel

Excel

PowerPoint

PowerPoint

PowerPoint

Outlook

Outlook

Outlook

OneNote

OneNote

OneNote

Access

Access

Access

Publisher

Publisher

Publisher

以上のOfficeアプリケーションをすべて使えます。

常に最新版のOfficeが使用できる

Office 365 Solo は常に最新のOfficeを使えます。例えば、Office 2019で追加された新機能はOffice 365 Solo のOffice 2016で既に追加されていました。

複数のデバイスに対応できる

Windows PCとMac PC 、またはタブレットスマートフォンでも対応します。

インストール台数は無制限、同時利用台数は5台まで

Office 365 Soloは1つのライセンスでOffice を何台でもインストールできます。しかし、同時利用台数は5台までです。

Onedriveが1TB無料で使える

Office 365 Solo の契約期間中は、「Onedrive」が1TB使用できます。

毎月60分間のSkype無料通話

Office 365 Solo使用中は、国際電話と固定電話にSkypeで毎月60分間通話できます。

Office 365 Solo の価格

Office 365 Solo はサブスクリプション型で一年間の契約で12,744円の料金が必要です。一か月での契約もできます。一か月は1,274円です。年間契約のほうが月額契約よりお得です。

Office 365 Solo は毎年料金を払うことがありますので三年間の料金は38,232円となります。それで、永続ライセンス購入するとお得と思う方もいます。でも、それらの利用できる機能が違いますよ。 Office 365 Solo は機能面では圧倒的にメリットがあります。

Office 365 Solo を一か月無料で使える

Office 365 Solo 無料お試し版をダウンロードするとすべての機能が使えます。制限ありません。

クレジット カードが必要です。

Office 365 Solo は、1 か月の無料試用期間が終了すると、¥1,274/月相当でのご利用となります。 そのため、Office365 Solo無料お試し版(体験版)の自動有料化にご注意することです。

Microsoft 公式 – 家庭向け Office の無料試用版ダウンロード

上記のURLからダウンロードできます。

最後に

Office 365 Solo について説明しました。

Office 365 Solo はサブスクリプションという新しい利用形態で、今までパッケージ版のオフィスを利用していた経験と全く違いですね。

今後、Office 2019とOffice 365 Solo についてどんな違いがあるのかを比較してみます。