Office ログ

PC でよく使うソフト、Microsoft Office のWord、Excelなどの情報を記録しました。

Microsoft Office 、無料と有料の違いは?

PC 作業でよく使うMicrosoft Office 。有料のMicrosoft Office は数万円もするのに、なんで無料のものがあるのか?今回は、無料、有料Microsoft Office の特徴などをご紹介します。

Microsoft Office

Microsoft Office

 

Microsoft Office Online はなぜ無料なのか?

Microsoft Office 有料版ソフトの宣伝のために無料ソフトを提供している、というものです。

Libre OfficeやOpenOfficeMicrosoft Officeと互換性が高くなり、無料でWordやExcelの代わりとして使えます。無料版は有料セキュリティソフトを買ってもらうための「入り口」の役割を果たしています。

Office Online は、無料のため、利用制限があります。マイクロソフトの全機能を使うために、有料版を購入することになります。

有料Microsoft Office との違いは?

機能が少ない

有料版の購入してもらうために、機能を制限した状態で「無料版」を提供しています。「Word」「Excel」「Outlook」「PowerPoint」などの基本機能を使えますが、マクロが使えないというような制限があります。

ネット環境が必要

Office Online はオンラインのみで使えます。ネット環境がないと使えません。

こうした理由から、Office Online はマイクロソフトの基本機能を使うしかありません。無料というのはメリットですが、デメリットもありますね。

有料Microsoft Office を使うには?

Microsoft Office のパッケージ製品を購入する

Microsoft Office のOffice 2016またはOffice 2019を購入します。永続ライセンスとして、Microsoft Office をパソコンで利用できます。

永続ライセンスのため、購入するときに数万円掛かります。

Office 365 サブスクリプション版を購入する

Microsoft Office の新しい利用形態です。常に最新のオフィスを利用できます。毎月または毎年の利用料金を払う必要があります。年間1万円くらいかかります。

最後に

Microsoft Office は無料版もありますが利用制限があります。マイクロソフトの全機能を使うには、有料版を購入する必要があります。