Office ログ

PC でよく使うソフト、Microsoft Office のWord、Excelなどの情報を記録しました。

Office 2019とOffice 365 の違いは?どちらを買うべき?比較しよう。

Office 2019とOffice 365 は同じマイクロソフトのOfficeソフトですが、2つの違いを知っていますか?WordやExcelなどビジネスに必要な基本ソフトを使うにお勧めな種類を紹介します。

Office 2019がお得な理由は?

Office 2019がお得な理由は?

 

永続ライセンスのMicrosoft Office 2019とサブスクリプション版のOffice 365 Soloでは、どの形態のOffice製品もWord、Excelなど基本的なOfficeツールを利用できますが一体何が違うのでしょうか?

今回は、Office 2019とOffice 365 Soloの違いを機能と価格面で比較しながら紹介していきます。

 

Office 2019とOffice 365 Solo

Office 2019とOffice 365 Solo

 

Office 2019は永続ライセンスであり、従来のパッケージ版Officeと同様に一度購入してしまえば追加費用は発生しません。購入後は延長サポートが切れるまで使えます。それに対し、Office 365 Soloは、1ヶ月または1年間の契約制で、契約期間中だけ利用できるサブスクリプション型ライセンスとなっています。

 

Office アプリ

Office アプリ

 

永続ライセンスのOffice 2019は、Word, Excel, PowerPointといった、基本的なOfficeアプリケーションを使えます。一方Office 365 Soloですが、Officeアプリケーションのうえ、メール・スケジュール、ファイル共有、ビジネスチャットやweb会議といったグループウェア的な機能を利用できます。

 

Windows PC、Mac、iOS、Android

Windows PC、MaciOSAndroid

 

Office 2019のWindows向け製品はWindows 10のみ対応します。Mac向け製品はmacOSの最新3バージョンに対応します。それぞれ最大2台までインストールできます。 一方Office 365 Soloですが、 WindowsMacをはじめ、タブレットスマートフォンへのインストールもそれぞれ5台まで可能です。Office 2019と根本的に違うのは、マルチデバイスでも良いこと。

Office 2019は最新版Officeを無料で使えません。 これに対し、Office 365 Soloは、Officeの新製品が出た時に新たな購入費用が発生しません。今まで通。月払いか年払いで同じライセンス料金を支払えば良いだけ。

これで、複数のデバイスでOfficeを使いたい。 1TBのクラウドストレージが必要。 常に最新版Officeを使いたい方にとっては、Office 365 Soloは最適です。

しかし、Office 365 Soloを年額払いで長年利用すると、値段めちゃくちゃ高くなってしまいます。Office 365 Soloは1年1万2744円で、三年目で38,232円となり、Office 2019の価格を上回ります。

さらに、Office 2019のメインストリームサポート期限は約5年間、延長サポート期限が約2年とされています。7年間同じパッケージ版を使い続ける場合、トータルコストではOffice 2019の方が安くなることがわかります。

Office価格

Office価格

 

そして、どうせWindows 10だけOfficeを使うし、Office 2019バージョンのまま使いたいならOffice 2019 がおすすめだ。

それは、使い慣れたから、ずっと元のバージョンでいい、AccessやPublisherも使わないし、仕事でも家でもWindows 10しか使わない方々も多くいるでしょう。

または、機能面でOffice 365 Soloが優れていますが値段的に考えて、長年使うユーザーにとっては、やっぱりパッケージ版のOffice 2019を選ぶでしょう!