オフィスソフトの学び

仕事で使用頻度の高いマイクロソフトのOfficeソフト、WordやExcelをイチから徹底的に学び・気づきを書き記したブログです。

家庭向けの基本的な オフィスMicrosoft Office Personal Premium

office2016

Office Personal Premium プラス Office 365 サービスは、Word、ExcelOutlookを含まれる、基本的なツールをご家庭で利用する方に最適なプレインストール製品です。ここは、詳細な機能を紹介します。

 

f:id:nburi:20170209173349p:plain

目次

Office アプリケーション

Word

最新の編集ツール、レビュー ツール、共有ツールにより、プロ クオリティのドキュメントを作成して共有できます。 新しい [デザイン] タブでは各種機能にすばやくアクセスでき、スマート検索ではインターネット上の関連情報を Word 内で直接確認することができます。

Excel

一新されたユーザー インターフェイスと使い慣れたキーボード ショートカットにより、今までにない直感的な方法でデータを分析および視覚化できます。 分析ツール、スライサー、数式パレットなどの機能を活用して作業効率が向上するため、ユーザーは有用な情報を見つけ出すことに集中できます。

Outlook

電子メール、カレンダー、連絡先、タスクを容易に管理できます。 プッシュ メール機能によって受信トレイは常に最新の状態に維持され、スレッド ビューではメッセージがスレッドごとに自動的に整理されます。また、カレンダーを並べて表示できるため、効率的にプランを立てることも可能です。

 

1 年間無料の Office 365 サービス

複数のデバイスに対応する Office 

2 台のタブレット (iPad および Android タブレットを含む) および 2 台のスマートフォンで、Office のプレミアム機能をご利用いただけます。

 

1 TB のオンライン ストレージ サービス (OneDrive) 

1 TB のオンライン ストレージ サービス (OneDrive) が利用できるので、作成したドキュメントをローカル マシンと変わらない感覚でスムーズにクラウドに保存。どこからでもアクセスできます。

毎月 60 分間の Skype 通話プラン

毎月 60 分間の Skype 通話プランで、友人や家族の携帯電話や固定電話に電話を掛けることができます。

Office テクニカル サポート

Office 365 サービスの契約時には、Office 製品を安心してお使いいただくためのMicrosoft社 Answer Desk サポート エキスパートによる 1 対 1 のサポートが含まれています。

 

Office 365サービスは2 年目から6,264円かかる

Office Premiumは、WordやExcelなどのOfficeソフトについては、永久的に無料で使うことができる上、新しいバージョンが登場しても、無料でアップグレードができる。

 Office 365サービスの更新と関係のない。

 「Office 365 サービス」を更新するのは任意です。更新するには6,264円かかる。

まとめ

Microsoft Office Personal Premium プラス Office 365 サービスは、Word、ExcelOutlookと「Office 365 サービス」の販売がセットになっています。

2 年目からは、利用権であるOffice 365のサービス部分が有料になります。

ソフト本体については、永久的に無料で使えるので、Office365の更新料を払わなくても、そのまま使えます。最新版にアップグレードする事もできます。

OneDrive1TB、Skype 通話プランなどのサービスが必要なければ、Office 365の更新料を払う必要はありません。